読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクは民進党に入れる

イケスムです。先ほど「民進党に入れる」という方のブログと「自由民主党に入れる」という方のブログを読みました。どちらも納得。なるほどなぁという感じです。このようにどこどこの政党に投票する、とブログで公開するのはなんか健全でいいなぁと思ったので、ボクも真似っ子して書いてみたいと思います。

 

結論から言うと、今回ボクは民進党に入れます。その理由は、民進党という政党が世の中に必要であると思うからです。

 

ボクは今の安倍政権の政策には大筋で賛成です。仮に期日前投票で選挙が始まった瞬間に投票していたら、間違いなく自民党に入れていたと思います。しかし選挙期間中には色々なニュースが流れてきます。その一つが与党圧勝の報道です。ボクの経験上、このぐらいの時期の世論調査はめっちゃ正確です。

 

ボクは安倍政権の政策にほぼ大筋で賛成の立場ですが、賛成している自分に絶対の自信をもてません。なぜならボクはただのボンクラです。何かボクの知らないことがたくさんあり、それを知れば意見が変わるかもしれない。でも僕は賛成しているので、賛成の目でしか政策を見ることができなくなっているのかもしれません。つまりある意味バイアスがかかった状態で見ており、それゆえになにか大切な部分を見過ごしている可能性すらあります。

 

もう一つは、今回の参院選で何故かあまり話題になっていない憲法改正についての心配事があることです。以前、憲法の解釈変更という事がありました。あの時驚いたのは、解釈を変えることができるのか!と言うことです。逆に言うと、今後憲法が改正されるのであれば、それもまた解釈を変更する事ができる可能性があります。そう言った部分については、野党など憲法改正に反対の立場の方の意見が役立ちます。それらを聴くことによって「なるほど、そういうこともあるのか」と気付かされたことが少なくなかったし、今後あり得ると思います。

 

さらに言えば、どのように憲法が変わるのか?も問題です。いわゆる戦争法案とかいろいろと言われておりますが、ドサクサに紛れてそれとは関係のない部分の憲法まで変わってしまってはそれこそ恐ろしい。そう言った意味でも、やはり自分とは意見の違う野党の意見が必要であると考えます。

 

だからボクは、民進党に入れます。

 

たぶん。