読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんにもわかる歩きながらポケモンGOをやる理由

イケスムです。おっさんですが、気づいたらポケモンGOをダウンロードしていました。そして気づいたらユーザー登録を済ませ、ゲームを始めていました。空気に流されやすい男です。皆が右を向くと右を向き、上を向くと上を向く、典型的な人に流されやすいタイプなんだと思います。

 

ところでそんな流され者のボクですが、しばらくポケモンGOをガチでやってみて何故歩きながらポケモンGOをやるのか?と言う疑問の答えがわかりましたので書いてみます。

 

ポケモンGOがアメリカで大流行しているという報道で、どうやら外で遊ぶ位置ゲーなんだろなという想像はついていました。位置ゲーですから特定の場所になにかがあって、その場所に行くんだろうと。しかし特定の場所に行くことと歩きながらやることについての因果関係がわかりませんでした。何故ならば特定の場所についてからゲームを立ち上げればいいと思っていたからです。

 

しかし実際にゲームをやっている歩きながらやったほうが効率がいいことがわかります。その一つの理由が、モンスターボールなどをゲットするためのスポットが街のいたるところにあることです。50メートル感覚でそのスポットがあったりすることも珍しくありません。その場所に行って画面をスワイプすると出てくるモンスターボールをタップすることでゲットできるわけです。んでこの作業は歩きながらでも可能ですし、もっと言えばソッチのほうが50m先の次のスポットに付くまでの移動時間に無駄が減るので効率が良くなります。

 

とまぁこれが、歩きながらポケモンGOをやってしまう可能性がある理由です。因みにボクがまちなかで色々と見た結果、歩きながらやっている人は少なく、どちらかと言うと歩きながら通話をしている人のほうが多いですね。因みに歩きスマホは脳を活性化させると聴いたことがあります。