Windows10にアップデートをしたなかった人は勝ち組だと思う理由

イケスムです。好奇心が止まりません。人間は好奇心の塊だと思います。この心があるかぎり、本は売れ続け、ブログは読まれ続けると思います。

 

ところで僕は自宅にあるWindowsPC、タブレット、全てをWindows10にアップデートしました。してしまったといったほうが正しいのかもしれません。何故ならば、今更ではありますがある意味後悔しているからです。後悔している理由は、Windowsをほとんど使わなくなってしまったので、せっかくお金を出して買ったのにもったいないと思うからです。使わなくなってしまった理由は、使いづらいからです。

 

今現在、このエントリはMacで書いています。Windows Update当初、それでも僕がWindowsを使わないのはMacが便利すぎるからだと思い込んでいました。Macの何が便利なのかというと、トラックパッドが使いやすい、その一点に限ります。それ以外に関してはWindowsのほうが優っている部分が多いんじゃないかな。しかしながらこの一点こそがとても大きな存在です。何故ならば常時使うところだからです。

 

最初から最後まで常にトラックパッドを使います。こうしてタイピングをしている時でさえも、変換ミスがあればトラックパッドを使ってポインタを移動しますし、ネットを見ているだけの時はトラックパッドだけです。それぐらいトラックパッドの存在は大きい。とても重要な部分だと思っております。そしてそれがWindowsでは、かなり使い勝手が悪かったのですが、Windows10にアップグレード後、その使い勝手は更に悪いものになってしまいました。

 

この使い勝手の悪さはゴミレベルでして、Windowsを使い続ければ使い続けるほどフラストレーションが溜まるシステムになっているようです。僕の場合、どうしてもWindowsでなければダメな場合があるので仕方なく使いますが、使用している時間帯はだれともしゃべらない時間帯にします。何故ならばイライラが爆発しそうで、その状態では人様に嫌われると思うからです。

 

因みにWindows10にアップグレードした当初は、Windows8.1に戻すチャンスがありました。PCのことはあまり詳しくない僕でも簡単に戻せるようでして、その作業自体はそれほどハードルの高くないものでした。しかし当時僕はWindows10を使い続けることを選択してしまった。何故ならばWindows10の方がセキュリティが強化されているであろうと判断したからです。そう判断した理由は、新しいOSのほうが古いOSよりも強いに決まっているというそれだけのこと。何かしら明確な根拠があったわけではありません。

 

もう1つWindows10を選んだ理由は、パソコンを長く使いたいと思っているからです。僕はWindows Vistaも2台持っていますが、これらはアップデートができなかったのでもう使えません。文字通りゴミ以下のお荷物状態です。それがもったいないのでWindows10にアップグレードしておけば、機械的な故障がない限りは使い続けることができると思いました。

 

でも今になって思うことは、使いたくない、使わないPCの方が断然コスパが悪いですよね。だって使わないんですから。だったらOSのサポート期間は短くとも、それまでは普通に使えるPC出会ったほうが断然良い。

 

まぁ個人的な意見だけどね。