読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パチスロ日記をつける効果について考える

イケスムです。今日はウサイン・ボルト選手が200mで優勝する日ですね。楽しみです。

 

ところで、僕はこのはてなブログ以外に幾つかのブログをやってますが、その中にパチンコやパチスロのことのみを書いているブログがあります。僕はほとんどパチンコを打つことがないので主にパチスロのことばかりです。いわゆるパチンカスのスロ日記みたいなものでして、誰かの為になっている可能性は低いかもしれませんが、少なくとも僕自信のためになっていることを約1年間続けた結果、実感できています。

 

1,パチスロを打った日の立ち回りを振り替えることができる

2,これからパチスロに行こうと思うときに、どんな理由でどんな台を打つ可能性があるのかなど、根拠を考えるようになる

3,同じくパチスロ系のブログをたくさん見るようになり、他人がどんな根拠で店選びをしているのかなど様々な情報を自分の脳に入力することができる。

4,脳内に入力された情報を実践で使用することができるようになる

 

まぁこんな感じかなと思いますが、これがマジで役立ちます。例えば最近皆が好きな好きなハナビなど一番最低のクソ設定1は、それでも理論上機械割が100%を超えるわけですね。なもんで結構気軽に打つ人が少なくないと思っています。少なくとも日曜日や平日の夕方以降は、ハナビは人気機種になっていたりします。

 

機械割が100%を超えると言っても、実感としては負けづらいどころかガッツリ負けるんです。1時間ノーボーナスでハナビを打ち続ければ600〜700G回すことができ、お財布から福沢諭吉先生が2人いなくなります。

 

なんとなく機械割が100%を超えるという部分だけに注目をしてしまった結果はナビを打つ機会が多くなってしまいがちな僕ですが、ブログで毎日のように日記をつけているとなんとなくそればかり打っている自分がアホっぽく見えてくるようになります。つまり客観的に自分の行動をチェックできるようになります。

 

そうすると今度はハナビを打つかハナハナ鳳凰を打つかという機種選択から、どの店が高設定を使う店で、どの店は使わない店なのか?設定を使う店は毎日きちんと使っているのか、それとも年に数回程度なのか、など色々と違った部分にフォーカスをするようになります。だって機械割100%超えのハナビで負けまくるからね。理論上は負けないのかもしれないけど、実際負けてんじゃどうしようもない。

 

こんな感じでパチスロ日記をつけるだけで自分の立ち回りを客観的に見たり、日記をつけていなければ出来なかった見方なども可能になるので、その後の立ち回りに何らかの影響を与え、そしてその影響は決して悪くないものであると僕は思っています。

 

ネタがないのでパチスロの話でした−