読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【検証動画】iPhoneはRAMの違いでSafariのリロード(再読込)が減るのか?

Apple

イケスムです。未だにiPhone6です。貧乏くさいですかね?でもまだぜんぜん使えるし、10万円近くするものを2年で機種変更する気になれません。やっぱiPhone8が発売になったときこそが買い替えどきかなと考えています。suicaは財布で使いやすいし。

 

ところでiPhone7が発売されてビックリするほど変化が見えないなぁと思ったりする一方で、中身は当然何かしらの変化があるんだろうなと思っています。パソコンだって積んでいるメモリーが変わるだけでその使い勝手は大きく変わります。ならばiPhoneもRAMによって変化があるんじゃね?と。

 

気になったので僕が代表して調べてみました。下の動画はiPhone6Plus(1GB)とiPhone6sPlus(2GB)でサファリを使ったときの変化を映しています。これを見ているとRAMを多く積んでいるiPhone6sPlusの方がSafariで再読込(リロード)が発生する頻度が減るように見えます。

youtu.be

 

となれば今気になるのはiPhone7、iPhone7Plusです。もっと多くのRAMを積んでいるだろうと想像するからです。コレも親切な僕が代表して調べてみました。下の動画は2GBのiPhone7と3GBのiPhone7Plusでして、上の動画と同じような実験をしています。ただ結果は上の動画とは違ったものを示しています。

youtu.be

 

僕はiPadでもiPhoneでもブラウザを使う時間が最も多いのですが、使用中に最もイラッと来るのがWebSiteの再読込(リロード・リフレッシュ)です。表示させるサイトやネット環境にもよりますが、結構時間を取られます。んでこれが頻繁に起こることもしばしばあります。

 

最も気に入らないのは、WebSiteからもと来たページに戻る時に再読込(リロード)することでして、こうなるともと来たページのトップに戻ってしまい、再度スクロールをして下の方まで持ってくると言った余計な作業が必要になります。そう言った意味も含めて、ならばPC方が良いよねみたいな感じになっているわけです。ただ、PCを外に持っていくのはけっこう大変でして、ただMacやスタバでコーヒーを飲むためだけにPCを持ち運ぶほどのビジネスマンではありません。なので結局iPhoneでブラウザを使うことになります。

 

ちなみに最近はSafariではなくChromeを使うようにしています。

ikebukuronisumu.hatenablog.com

 一番気になるのはセキュリティですが、底の部分さえ気にならなければメリットはデカいと感じています。