iPhone6をiOS10にアプデはiPhone6sとは違ったという話

イケスムです。イライラします。ストレスが溜まります。

 

ところで僕はiPhone6を使っていて、先日それをiOS10にアップデートしました。

ikebukuronisumu.hatenablog.com

バッテリーの減りが早いとかアイフォンが熱を持つ様になっちゃったという話も出ているようですが、体感としてはiPhoneがアツいということ以外はあまり感じていませんでした。ただちょっとだけもっさりしたような印象はあります。

 

iPhoneはホーム画面を右や左にスワイプしてからアイコンをタップしてアプリを起動させますが、スワイプしてすぐにアイコンをタップしても反応しないことが多いです。だいたい2度めのタップでアプリが起動したりするようになりました。これがちょっといらつくので、スワイプしてすぐにタップせず、ワンテンポ開けてからタップするようにしています。

 

iOS10とはそういうものなんだろうなと思っていたんですが、友人のiPhone6sPlusを触らせてもらうと、反応が全く違いました。結論から言うとiPhone6sPlusはサクサクで、iPhone6はもっさりです。スワイプ直後にアイコンをタップしてもあっちは速攻でアプリが立ち上がります。

 

これって単純にiPhone6とiPhone6sPlusの構造的な問題なのか、たまたま僕のiPhone6に問題があるのかはわかりません。ただ、僕のはもっさりしてどんくさいiPhone6なのにあっちは同じiOS10でもサクサクで羨ましいなと。

ikebukuronisumu.hatenablog.com