iOS版Chromeの弱点を発見してしまった

イケスムです。ゴキブリ焼きそばの画像をTwitterで見てからと言うもの、あのメーカーのカップ麺は一切食べていません。ゴキブリが入ったことにもドン引きでしたが、ゴキブリが入ったことが証明された画像がTwitterに公開された時のコメントに超ドン引きでした。即座に出る言葉がアレでは、改善する気はゼロだろうと気づきました。

 

ところで先日僕がべた褒めしたiOS版のブラウザ、Chromeの話です。結論から言うと弱点を見つけてしまいました。その弱点とは、iOS用のアプリを紹介するサイトを見ていてDownloadをしようとするとApp Storeに飛ばずに「Safariに飛べ」と表示されてしまいます。

 f:id:bejiro:20161004092159p:image

僕はChromeSafariの仕組みの違いを知りませんのでどうしてこうなるのかは不明ですが、とにかくSafariではできるけどChromeでは出来ないから「Safariに飛べ」と表示されるんだと思います。

 

しかもさらに不便なことに、表示どおりにiPhoneを操作してもSafariに行く手段がありませんでした。どうしてもSafariでページを表示させたければ、URLをコピペする以外に方法がないようです。かなりガッカリなポイントですね。

 

iPhoneChromeをメインに使うようになってから約1ヶ月ぐらいがたちました。iPhoneのデフォルトブラウザには出来ないこともあり多少の不便は感じていました。それでも我慢してきたのは、PCとの連携があるからです。WindowsでもMacでもiPhoneでもWeb BrowserはChromeを使っていればいつでも「さっき見ていたサイト」にアクセスできます。ただここまで不便が多いともうSafariに戻したほうが・・・と考えちゃいますね。