読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業のために大学を辞めたイッシーが成功するたった一つの方法

イケスムです、こんちゃっす。

 

成功する方法とかいろいろな本が出ているかと思います。それらのどの本にもたぶん書いてあるんじゃないかな。成功するためには行動すること、と。

 

痴漢が痴漢という行動をしない限り痴漢にはならないのと同じように、成功者は成功するための行動をしない限り成功者にはなれません。変態になるためには変態っぽい行動をしなければ世間から変態であると認めてはもらえないのと同じように、世間に自分のビジネスプランを認めてもらうためには、やはり行動しなければなりません。共通点は全て「行動」でして、何者かになるということは、つまり行動することです。

 

皆さんの周りにもいわゆる成功者と呼べる人がいるかと思いますが、その人達を見ていてわかることは、彼らは皆行動したから成功したということです。何もせずに鼻くそほじくってたらいつの間にか成功しちゃったよ、なんてことにはなりません。

 

当たり前すぎてひょっとしたら偉い人達が書いている本には書いていないことかもしれない「行動」というキーワード。つまり誰もがわかっていることなのにこれが結構難しかったりするわけですね。なぜか?答えは面倒くさいからです

 

この面倒くさいという感情は厄介でして、ガチで自分の夢を邪魔します。クールなイケメンが「俺の敵は俺自身さ」などと言ったりするシーンが思い浮かびますが、まさに自分との戦いになります。面倒くさいという感情を倒せるのは自分だけでして、他の誰も手助けをしてくれませんしそもそも出来ません。ではどうやったらこの面倒くさいという感情をぶっ倒すことができるのか?

 

そう、頭のいいあなたも頭の悪いあなたでももうわかっていると思います。とにかく動くことですね。つまり行動することです。面倒で行動できないから困っているのに、とにかく動くというのはちょっと矛盾しているように思われるかもしれません。でもそれしか方法がないんです。サプリを飲んでもたくさん休憩しても面倒くさいという感情は立ち去ってくれません。もう動くしかないんです。

 

ちなみに動かなくたって良いんです。誰にも迷惑はかかりません。ただ、何も変わらないだけです。「俺は明日からやるぜ」と言っている自分が、明日もいるんだと思います。そして10年後も。