読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IR法案でパチンコ依存症対策が騒がれる理由とは

政治・経済・社会

イケスムです。公営ギャンブルと言われている競馬ですが、数回程度やったことがあります。まぁ、あれですよ。そこのドームで馬券を買ってTV画面を眺めて当たっているかどうかをドキドキしながら見守るってやつですよね。金がなくなってスッテンテンになった人のためにちゃんとキャッシングという借金できるコーナーがあったような気がしましたが、めったに行かないのでよく覚えていません。

 

ところでIR法案が国会で成立すると、いきなりパチンコ依存症対策がめちゃんこ騒がれるようになりました。僕はパチンコはめったに打ちませんが、パチスロは借金をしてでも打ちたいと思うほど好きです。なもんで何故パチンコ依存症だけがギャンブル対策として騒がれてしまうのか?について少々疑問に感じておりました。

 

んでちょろっと調べてみると、どうやらギャンブル依存症で最も多いのがパチンコ依存症らしいんですね。このパチンコ依存症には、パチンコもパチスロも含まれているようです。パチンコ屋はあちこちにあるのでこの話を聞いた時になるほどねと納得してしまいました。一番大きなところから問題を解決していかないとねってことなんでしょうね。

 

ギャンブル依存症って大人である本人の意志で消費者金融に借金をしまくって好きなパチンコやパチスロを朝から晩まで打ち続けているんだから、他人が関与する部分ではないんじゃねぇの?と思う部分は当然あります。関与するということは、人が動くということで、人が動くということは金も必要になり、その金は税金だったりするからですね。

 

でも色々と読んでいると、ギャンブル依存症ってのは病気らしいんですよ。アルコール依存症みたいですね。アルチュウってことになるとギャンチュウって事になるんかな?ギャンチュウをなんとかせねばならんということで国会議員たちが話し合っている最中だと思うのですが、政治でも何でも結果がすべてですからね。結果的にギャンチュウがなくなる仕組みを完成させるわけなんだと思うんですね。そうなると、思いつく方法って1つしかないと思うんですよね。カンキン出来ないようにすればいいだけじゃね?と。

 

多分ギャンチュウの人たちはバカだから「連チャンしたら超儲かるし、俺なら連チャンさせることができるぜ」といった根拠なき自身があるからこそ消費者金融に借金をしてまでパチンコとかパチスロに金を注ぎ込みまくることができると思うんですよね。んで連チャンの先にあるのは、玉やメダルのカンキンです。キンカンではありません。つまりカネですな。依存症のゴールがカネであれば、そのゴールさえなくせばソコに向かって走る理由がなくなります。

 

ちなみに僕は、カンキンできなくなってしまったら100%パチンコもパチスロも打たなくなります。んじゃ何をやるのか?と言ったら、たぶん株ですね。なのでカンキン禁止になったら株式市場にある程度の金が入るんじゃね?とすら思っているので、それはそれで狙い目かなと。甘いかなw

 

銭別銀行とりだし君(ブラウン)

銭別銀行とりだし君(ブラウン)

 
スターウォーズ 貯金箱 R2-D2 SAN2355-1

スターウォーズ 貯金箱 R2-D2 SAN2355-1