読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホンダのステップワゴンの不具合が直らないまま終わってしまった話

イケスムです。僕は複数の車を使い分けているんですが、その1つがホンダのステップワゴンというミニバンです。結論から言うとかなり故障(不具合)の多かった車でして、いわゆるハズレってやつなのかな?と思っております。出先で動かなくなったりといろいろと困りましたが、これらは保証でなんとか直りました。

 

しかし保証でも直らない不具合があるんです。その1つは、異音です。このステップワゴンは、走行中に後ろのドア辺りからカチャカチャと音がします。正確な場所は把握していませんが、ディーラーの方のお話を聞く限りでは、たぶんドアであろうと。

 

ステップワゴンの後ろのドアってスライドドアなんです。今のところ走行中にドアが取れたとか開いちゃったというようなことはありませんが、買った当初はまともに走らないとか信じられないような故障(不具合)があった車です。その意味では少々不安だったりします。なんせ音が結構大きいんでね。

 

んでまぁ、この不具合を直すためには、ディーラーにステップワゴンを預ける必要があるんですね。もちろん代車が出るんですが、ワゴン車を使うから買ったので、それが長期に渡って使えないのは、ちょっと困ります。しかももっと困るのは、1度や2度の修理では直らないことです。つまり何度もディーラーにステップワゴンを預けることになってしまうんですね。

 

で、結局直らないことが決定したんです。何で決定なのかというと、保証期間が切れたかららしいです。マジカヨって思いました。僕はその故障箇所を修理する技術を持っていないので、ステップワゴンで走るたびにカチャカチャと言う音を聞きながら乗っているんですが、これがずっと続くことになりました。

 

そして今に至ると。