読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chrome57でMacが快適になったというそれだけの話し

Apple デジタル・IT

イケスムです。だいたいブログの更新はMacBook Airでやってます。そもそもウインドウズを使う機会が少ないのが理由です。

 

ところで先日、Google ChromeというBrowserのアップデートがありまして、Chrome57になりました。普段から気にせずに使っている人は、変わったことすらわからないレベルのアップデートですが、以前のバージョンから体感で劇的に変わった部分があるので、そのことについて書きます。

日本語入力中にカーソルの移動が可能になった

以前までのChromeでは、こうして入力作業をしている時に、変換が違ったりする場合などカーソルを移動してそのスポットまで持っていき、スペースキーなどを押して変換をするということが出来ませんでした。どういうことかというと、カーソルが移動しないんですね。具体的には、移動しているように見えないんです。

 

たぶん内部的には移動しているんですよ。表示されているカーソルは移動しませんが、やじるルシキーなどを押して駒を進めていくと、カーソルの位置とは違った位置にある文字の変換ができます。なのでカーソルが移動していないように見えちゃうことが問題でした。使いづらかった。

 

しかしChrome57からそれは解消されたようでして、今は自由にカーソルを動かしまくれています。なのでこれまでストレスだったものがなくなったおかげで、使いやすくなりました。

モリー使用量が少なくなった?

これは体感というか、今現在のメモリ使用量を普段から見ていて、明らかにこれまでよりもメモリ使用量がすくなってるよねってのを発見しました。見たところ10%も変化はありませんが、それでも前バージョンよりもメモリ使用率が減っているのは事実です。

まとめ

便利だぜ