YouTube1万回再生は高くないハードルであることをやれば分かる

イケスムです。YouTuberって言うと、なんだかYouTubeに動画をアップしているだけの人、みたいな感じに書かれている気がするんですが、僕の認識ではYouTubeを利用するすべての人がYouTuberなんだと思っています。たぶんあってるよね?

 

ところで、YouTubeが動画に広告を貼れるアップロード者を制限したようです。具体的には、総再生回数が1万以下のチャンネルの動画に広告を貼れない仕組みにしたんだとか。簡単に言うと過疎チャンネルは金を稼げない仕組みになったということです。

 

一見すると1万回の再生回数ってすんげぇハードルが高く見えますが、これは1つの動画で1万回ではなくてチャンネルで1万回です。つまり100個の動画のトータルが1万回であれば、広告が貼れるというレベルです。これがどれほどの規模かというと、たぶん50個ほど動画をアップすれば速攻でクリアできます。1つの動画で100回再生で5000回、200回再生で1万回です。

 

もちろん動画を作っても再生回数が一桁ということもあるかもしれません。しかし50個ぐらい作るといくつかは再生数が数千いく動画が出てくるものです。Blogだって同じですよね、いろんな記事を書いていればバズるとまでは行かなくとも他の記事と比較して明らかにヒットしているものが出てきます。なので平均で200再生なんてちょろいと思います。

 

もちろんこれまでと違って総再生回数1万回というハードルがあるのは事実ですが、それでもそのハードルはそれほどたくないんじゃね?と思っているので、是非とも沢山の人にいっぱい動画をアップしていただいて僕の人生を豊かにしてもらいたいです。YouTubeの素人っぽい感じの動画がけっこう好きです。