読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

民進党の長嶋氏が議員辞職をしなかったのは本当に残念で悲しい現実だが法律で許されている以上仕方のない事

イケスムです。民進党の議員が離党したとの報道が出ております。

 

比例当選の人なので「民進党票」で当選して議員としての給料を受け取っているわけですね。

 

その議員が民進党を離党するのは良いとして、離党してもなお議員としての給料を受け取り続ける理由が理解できません。

 

政治活動なら無給でも立派にやり遂げている人が世の中にはたくさん存在します。

 

有名なところで言えばシールズですが、彼らは若いのに一生懸命やっていました。

 

それなのに民進党の議員は、比例であるにも関わらずその政党から離党してもなお議員報酬を受け取り続けるというね。

 

ほんとうに残念です。

 

本当に悔しいです。

 

でも法治国家である日本では、これが認められているわけでして、これを駄目とするのであればそれを訴える議員を国に送り出さなければスタートすらしません。

 

 

小選挙区比例代表並立制って何?なんて今更恥ずかしくて聞けない10分で読めるシリーズ

小選挙区比例代表並立制って何?なんて今更恥ずかしくて聞けない10分で読めるシリーズ

 
比例の発見―中学数学への橋渡し (らくらく算数ブック7)

比例の発見―中学数学への橋渡し (らくらく算数ブック7)