ジョギング2週間でストレス発散に疑問を感じるようになったという話

イケスムです。頭がいたいので頭痛薬を飲みました。偏頭痛ってやつだと思うんですけど、これがガチでウザい。

 

ところで僕は約2週間ほど前からジョギング(ランニング)を始めています。4日以上続ければとりあえずは3日坊主と言われなくなるので、もう僕は三日坊主ではありません。やったね、僕って凄い。

 

何でジョギングを始めたのかというと、ふわっとした形で表現すれば健康のためです。ランニングには様々な効果があるとされていて、それはストレス発散であったり持久力をつけることであったりリズム運動からくる幸せホルモンの増加であったりカロリーを消費させることでデブった腹を引っ込めることであったり。

 

そんなわけでその色々な効果を期待して走っているんですが、約2週間ほど走り続けてきた今思うことは、走る前となんも変わってないかなぁってことです。いやね、走った後の爽快感てのはあるんですよ。ぶっちゃけ走るのはダルい。今日ぐらいは、走らなくてもいいかなぁなんて毎日思いながらも、自分のクソみたいな人生を変えるためにと思ったりして走る決意をして、んで実際コースを回って返ってくると「今日も走ったぜ」的なね。

 

でもストレスが発散されているのかなぁって考えると、発散されているようでいないような気もするんですね。なんでかって言うと、走った直後でもちょっと不愉快なことがあるとカチでムカつくからです。例えば、僕はランニングから戻るとシャワーをあびるんですが、シャンプーとリンスを間違えちゃったりするとボトルをぶん投げたくなります。シャワーを浴びた後に晩飯の準備のために米を炊いたりサラダを作ったりするんですけど、買ってきたブロッコリーをショッピングバッグから出す際にうまく取り出せなかったりすると、そこら辺にある何かを蹴り飛ばしたくなります。

 

こういった現象を客観的に見ると、僕は走ってきた直後でも色々とイライラしていることがわかります。なのでランニングがストレス発散につながっているのかどうかってのは、今の所微妙だったりしますね。