読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北朝鮮が核兵器保有を目指す理由

イケスムです。僕は昔から日本も核兵器保有スべきであるとの考え方を持っておりまして、これは一貫して今現在も変わりません。たとえ日本は、アメリカの核の傘で守られているとしてもです。理由は単純で、アメリカの核の傘の下にいたとしても、やっぱり日本独自の核ではないからですね。日本の意思で打つことができないからです。その意味では、アメリカにおんぶにだっこ状態で、外交にすら影響を与えると思っています。

 

んでまぁ北朝鮮もたぶん同じだと思うんですね。核兵器保有したいと。だから必死こいて作ってるんですよね。しかも日本と違って北朝鮮のすごいところは、日本で言うところの「無理難題」に挑戦しているところです。核兵器保有するためには色々と外交的圧力が加わることが予測されますが、それでもなお実行すると。

 

外交的圧力とは、要するに今現在の生活レベルを保てなくなるリスクが生じることが大半なわけですが、そうまでしてでも核兵器保有したい理由とは、いまだかつて核兵器保有国が他国から攻撃を受けたことがないとされているからなんだと思います。・・・たぶん。言い方を変えれば、核兵器さえ持ってしまえば、ある程度調子こいても平気・・・みたいな感じですね。だって戦闘力が他国といきなりおなじになるわけですから。もちろん具体的な戦闘力は違うかもしれないけど、核兵器保有国と戦争をぶちかますのは、かなりのリスクがあります。なもんでそう簡単に攻撃はできないですよね。その意味では、核兵器保有国とそうでない国とでは、ぜんぜん違うと思います。

 

例えば、原油の輸出を禁止しちゃうと。こうなるとにっちもさっちも行かなくなります。日本なら食料が行き渡らなくなりますので、たぶん死人が出るレベル。なもんでこんな外交圧力はめっちゃ困るんですが、核保有国に対してはやりづらい。だって原油がなくなった国は、最後にボタンをポンと押して核を吹っ飛ばす可能性があるからです。

 

いわゆる最強の兵器である核兵器ですから、誰もが欲しがるわけです。それさえ持っていれば、自国の思い通りになるとまでは行かないに指定も、ないよりはましになるので。国が貧乏になればなるほど、欲しくなるのは当然のこと・・・なのかもしれないですねー。

 

核兵器のしくみ (講談社現代新書)

核兵器のしくみ (講談社現代新書)

 
カラー 世界の原発と核兵器図鑑―わかりやすい原子力技術の知識

カラー 世界の原発と核兵器図鑑―わかりやすい原子力技術の知識

 
核がなくならない7つの理由 (新潮新書)

核がなくならない7つの理由 (新潮新書)

 
原子爆弾―その理論と歴史 (ブルーバックス)

原子爆弾―その理論と歴史 (ブルーバックス)

 
マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング (まんがでわかるシリーズ)

マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング (まんがでわかるシリーズ)