一昔前のネットはバカと暇人のものではなかったたった一つ理由

イケスムです。おはようございます。眠くてあんまり清々しい朝ではありませんが、部屋の掃除機をかけたりあれやったりこれやったりと体を動かしてやる気を起こそうとしております。でも全然やる気でないからBlog書いてるwww

 

ところで僕は、バカで暇人なんですが、そんな僕が今日ネットニュースを見ておりましたら「ネットはバカと暇人のものと」と言う記事を発見してしまい、「なんだネットってのは僕のためのものだったのか」と少々嬉しくなりました。お利口さんで忙しい人は、ちょっと気の毒ですね。

 

この「ネットはバカと暇人のもの」と言われ始めたのがいつごろか分かりませんが、10年以上前のネットは、ある意味勝ち組のものだったと言う時代がありました。それは、ネットに接続させるためにカネがかかったからです。僕がはじめてネットに接続した時はISDN?名前も忘れてしまいましたが、それすらなかったような。記憶にあるのは、プロバイダーまでの接続料金が3分で10円取られる時代でした。メールチェックなんて数十秒で終わるんですが、これも10円。そこから返事を書いて送信するたびにプロバイダーに接続するとまた10円。まぁココらへんはPCの設定である程度節約できましたが。

 

このあとぐらいからかな?ISDNっていうのか記憶が定かではありませんが、固定料金でインターネットに接続し放題に変わっていきます。なので重い画像やら動画だってダウンロード可能でして、ネット上に転がっている様々な情報を探しまくったりする楽しみが増えました。んで今の仕組みをなんというのか分かりませんが、当時と比較すれば比べ物にならないぐらいネットの接続速度が早くなって快適でして、高画質のYouTube動画もホイホイ見れます。

 

このようにバカで肥満人な僕でも常にネットに触れることが可能な時代でして、逆に言えばバカでヒマであるからこそネットに触れるぐらいしかすることがないのも事実です。それ故にブログが続いているのかもしれません。んで僕と同じような状況の人がどの程度いるのか分かりませんが、きっとその球数が多いので「ネットはバカと暇人のもの」と言われるようになったのかもしれません。しかしPCでネットを気軽に使えるようになったでも、バカと暇人には使えないネットの世界がありました。それがモバイルです。

 

iモードって言ったっけ?僕は長年docomoのケータイばかりを使っていたのでそれ以外のことを知らないのですが、iモードでネットに接続すると結構カネがかかったんですね。月に数万円吹っ飛ぶなんてのも珍しくありませんでした。んで僕の記憶が確かであれば、iモードケータイでしか接続(閲覧)出来ないサイトってのが存在して、そこにはいわゆるネットに説ぞるために金をかけてもいいぞって層が集まっていたんです。

 

結論からいうと、これ系の場所はガチで頭の良さそうな人達がいっぱいいてけっこう勉強になりました。当時は、今と違ってサムネイル画像なんかもなくて、相手の性別やら社会的地位なんてのは完全に関係のない時代で、そこに書かれている文章だけが全ての時代です。なのでボケたことを書くと誰も相手にしないという文化もあったりましたし。

 

とまぁこれらが、一昔前は「ネットはバカと暇人のもの」だけではなかったという僕の考えですが、このシステムを利用すればネットの特定の場所から場所からバカと暇人を排除することが可能かもしれません。つまり月額利用料が発生する掲示板などです。ひと月に1万円とか払って利用できる掲示板だったりすると、今の僕ではとても高額すぎて使えませんが、利口で忙しい人ならば金を持ってそうなので使えそうですし、そういう人たちだけの掲示板ならすべての投稿が有意義なものになるかもしれません。

 

まぁそんだけの話な

 

深田恭子写真集 Reflection

深田恭子写真集 Reflection

 
深田恭子写真集 AKUA

深田恭子写真集 AKUA

 
深田恭子 写真集 『 Down to earth 』

深田恭子 写真集 『 Down to earth 』

 
深田恭子 写真集 『 Blue Moon 』

深田恭子 写真集 『 Blue Moon 』

 
白石麻衣写真集 パスポート

白石麻衣写真集 パスポート

 
おもしろ食器 便器のカタチの チョコフォンデュ 専用フォーク付 SAN2168

おもしろ食器 便器のカタチの チョコフォンデュ 専用フォーク付 SAN2168