前原代表による民進党解体は皆相当ビビったらしい

ラバーマスク M2 たのむぞ阿部総理

広告

 

イケスムです。人間とは、自分にできない能力を持ったものに対して相当ひがむ習性があるようでして、ある意味ウルトラCを出してきたものに対しては悔しさを隠しきれなかったりするようです。なんとも思わないのは、ご自身が超幸せで充実した生活を送れている人間だけなのかもしれません。

 

ところで民進党の代表である前原さんが無所属で選挙に出馬する意向という報道が流れてから間もなく、民進党候補者は希望の党から出馬するよ的な報道が流れておりまして、色々と焦っている人がいるようです。焦る理由はただ一つでして、想定外だから。想定内であれば全く焦ることがありませんからね。

 

んでまぁこれについては賛否両論あるようでして、それはとてもいいことだと思います。逆に言えば、賛否両論のない選挙なんて、何のために700億円あまりの税金を投入して選挙をやるんだか意味不明になります。さらに言えば、どの政党に対しても賛否両論あるわけでして、国民(有権者)から100%支持されている政党など存在しません。何故ならば皆生活環境など立場が違うからですね。

 

結局のところ選挙ですから、有権者には選択肢が与えられているわけでして、この選択肢をどう使うかは有権者次第。選ぶも選ばないも有権者が決めること。ただ、株の出来高ではありませんが、やはり投票率がある程度高い状態で選ばれた政党のほうが、説得力があると思うので、その意味ではある程度投票率が高いほうが好ましいですね。

 

ガラクタ議員と批判している人がいたりますが、それもいいと思うんですね。何がどのようにガラクタなのかを説明できていないところが非論理的ではありますが、そいつがその議員たちを嫌いであるということだけは伝わってきます。まぁ代表選挙で落とされることが確実になって、残るは自らが党を出る以外の選択肢がない状況まで追い込まれてしまっては、嫌いになるのも理解できますがwそしてこのような代表戦の仕組みは、一般的にはあまり知られていなかったりするので、表に出づらかったりするし。消去法ではあるが、それ以外の方法がなかったのかもしれませんね。でもムカついたんだろうなとw

 

ちなみに現時点では、希望の党だけが大注目を浴びていること以外に、あまり政策的なことが伝わってきません。安倍総理大臣のおっしゃっている国難とはいったいどのような国難であり、その国難を乗り越えるために消費税を使うんだけど消費税延期もありえるよとかの話も、どっち付かずのよくわからない展開に発展しつつあるようです。え?子供のために使うんじゃなかったん?と。

 

流石に衆議院の総選挙ですから、ココらへんの政策はきっちりと今後出てくるはずですので、まずはそれを聴いてからの話ですね。しがらみがないとかどうとかって話は、どこの政党だって言っていることですし。

 

ラバーマスク M2 たのむぞ阿部総理

ラバーマスク M2 たのむぞ阿部総理

 
歴代首相漫像 安倍晋三総理大臣入

歴代首相漫像 安倍晋三総理大臣入