iPhoneとiPadで悩んだからiPhoneを買うべきたった一つの理由

 イケスムです。冬ですね。最近石油ファンヒーターを買いました。もともとあったボロいヒーターがエラー出まくりで部屋中が石油臭くなる仕様に変化したからです。んで今回は、家電量販店の中で見る限り一番サイズの小さいファンヒーターを選びました。一応マンションでは9畳、木造では7畳まで使えるそうでして、だったら余裕だなと。この小さなファンヒーターを使ってみた感想なんですが、ガチで小さいので便利です。部屋にファンヒーターがドーンと置いてあったりするとその分狭くなるのと圧迫感があったりするんですが、それがないだけでもちょっと高い金を払ってこっちを選んでよかったかなと。デメリットは、なんか火力というかカロリーというか、部屋を暖める力がちょっと弱い気がするんですね。なので部屋の設定を温度を上げて使っています。そしてこれも大切なデメリットですが、灯油を入れるためのタンクが小さいので頻繁に灯油を入れに行かなくてはなりません。

 

ところで、先日ガラケーの専門家である友人がいよいよiPhoneアイパッドがほしいと言い出しました。んで「どっちを買ったらいいの?」と聞かれたので「iPhoneのほうが良いと思うよ」と。何故iPhoneのほうがiPadよりもいいと思うのかというと、サイズが小さいのでどこにでも持ち運びが容易だからです。例えば便所でうんこをしているときだってiPhoneでニュースを見たりすることも出来ますし、バスや電車を待っている間でもポケットからさくっと取り出してメールのチェックが可能です。つまりポケッにしまえて、なおかつさっと取り出しが可能という部分が便利ということですね。

 

iPadでは、iPhoneのような使い方はできません。当然ポケットには入りませんし、電車やバスを待っている間にNEWSをチェックしようとしても、いちいちカバンを広げてiPadを出して、バスが到着したら速攻でカバンにしまうという超めんどくさい作業が毎度必要になります。なのでこれらの作業に耐えられるだけの忍耐力が求められるわけですし、当然会社のトイレではiPad見ながらうんこなんてことは出来ませんよね。

 

しかしiPadには、iPhoneにないメリットがあります。それが液晶画面がデカいことです。ただ液晶がデカイだけですが、デカいので画面内に治まる文字数が違います。動画ってiPhoneと比較にならないレベルの大きさで再生できるので、YouTubeを見るときだって快適です。更にiPadProのようにアップルペンシル対応の製品を買えば、そのペンでiPadを使って落書きも可能。

 

まとめるとiPadにもiPhoneにもメリットデメリットが存在するわけですが、僕が一番重要視するは、さくっとポケットから取り出せてサクッとしまえる部分です。なのでどうしてもiPhone8Plusとかは無理だったりするんですね。