パチンコ屋は本当に日本国内からなくなっていくのか?

イケスムです。最近またネット上でパチンコとかパチスロ関連の記事を見かける機会が多くなってきたんですが、その中でも最も目立つのはパチンコ経営の厳しさについて書かれたものです。ギャンブル依存症対策のためなのかその理由は分かりませんが、パチンコ店側による自主規制で、客離れが加速するって感じのシナリオがあるみたいなんですね。つまりパチンコ店側は、わざわざ客が減るような仕組みを自ら作り上げたことになるんだと思います。ほんまいかな!

 

んでこの規制ってどんなもんなん?って気になったので軽く調べてみたんですが、例えばパチスロなら今までのように1日に10万円も20万円も出るような台がなくなるみたいな感じなんです。平たくいうと、これまでよりも出なくなる、勝てなくなる台ばかりになっていくってことらしいんですね。僕が読んだ幾つかの記事は、今までも負けていたのに今まで以上に出なくなることが確定しているなら、そんなものにお金をつかバカが居るわけないんだからパチンコ参加人口はどんどん減っていくという理論です。なるほど、合理的に考えればそうなります。でも人げってそんなに合理的な判断ばかりして合理的な行動以外はしないものでしょうか?僕はそうではないと思っています。非合理的な行動をしまくるのが人間でして、あまりに非合理的すぎるのでなんとかして合理的に行きていこう、行動しようと努力しまくっているのが本来の人間の姿だと思います。従って、今後出てくる新基準機と言われているパチスロとパチンコがどれだけ出ない勝てない泣けてくる台なのかは分かりませんが、それでもパチンコやパチスロを今やっている人たちは、今後もその新基準機で負け続けていくんだろうと思います。

 

仮にそうであるとすれば、これまで以上に勝てない台は、パチンコ店側にしてみればとても理にかなった仕組みを持っている台ということになり、パチンコ店側が作った独自に規制という意味でも納得ができます。何故ならば、記事に書いてあるように仮にパチンコ参加人口たちが合理的な判断しかしない人たちであるなら今までよりも勝てなくなる台なんて打つ訳がない、金を使うワケがないと思います。しかし、僕が考えるように合理的な判断ばかりをする人間なんて少ないとするならば、単純に勝ちづらく負けやすい台は、パチンコ店側にとって見ればお金儲けをしやすい台ということにほかなりません。そう考えると、パチンコ屋が倒産とかって話は本当なのかよと思ったりするわけです。

 

そこでもうちょっと深く調べていくと、倒産する理由には客が減って売上が暴落するだけではなく、そもそも自分たちで作り上げた新基準機である新台を買うお金を持っていないパチンコ屋が潰れていくらしいです。これも平たく言っちゃうと、資金力のないところは潰れる可能性があるけど、チェーン店など資金力のあるところはへっちゃらだし潰れる店が出たらそこに通っていた客が流れ込んでくるので、2倍美味しい話よねと。

 

政府の言ってるギャンブル依存症対策ってのがどんなものなのか、そして公営ギャンブルでも何でもないパチンコもギャンブル依存症対策に関係があるのかという疑問は残りますが、僕はパチンコ屋がバリバリ潰れて日本国内からなくなっていくんじぇねぇの的なシナリオは、どうも違う気がしてなりません。ただ、仮に政府のギャンブル依存症対策がパチンコとパチスロにも影響を与え、しかもそれが三店方式と呼ばれる換金できる仕組みを潰してしまうようなものであったとするならば、たしかに日本国内から殆どのパチンコ屋はなくなっていき、日本国内のギャンブル依存症患者は激減すると思われます。だってパチンコ屋がないなら、どんだけ頑張ってもパチンコできないからね。仮にパチンコとかパチスロが出来たとしても、お金に換金できないなら皆やらないでしょ。

 

ところで先日友人がauのiPhoneXではなくてiPhone8に機種変更をしました。同じ機種なのに僕よりも10,800円も高い値段で。頭金という名の謎のお金を払っていることになります。頭金の割には機種代がその金額分減っていないと。どうやらエーユーショップで機種変更をしたみたいでして、僕が10,800円余計に取られそうになったのもauショップでした。これからiPhoneテンとかを買おうとしている人は、auの謎の10,800円に気をつけたほうが良いと思います。ちなみにこの金がくを支払ったとしても、事務手数料みたいのは毎月の通話代に加算されて請求されるようです。

 

 

 

深田恭子写真集 palpito

深田恭子写真集 palpito

 
深田恭子写真集 AKUA

深田恭子写真集 AKUA

 

 

 

 

 

内田理央写真集 だーりおといっしゅうかん。

内田理央写真集 だーりおといっしゅうかん。