NHKはなぜ視聴率を公表してるのか?

イケスムです。TVを持っているだけでNHKに高額な受信料を支払う義務が国民にあるのかのないのか的な裁判でNHKが大勝利を収めたとのことでして、NHKの皆さんおめでとうございます。日本にたった一社しかない企業なので、競合他社がいないという点においても既に勝ち組ですね。これで毎日うまいものが食えるし老後も安泰確定しました。

 

ところでNHKに高額な受信料金を払っている立場として疑問があるんですが、なぜNHKは視聴率を公表しているんですか?例えば紅白歌合戦の視聴率を公表することにどんな意味があるんですかね?

 

いや、他のテレビ局が視聴率を公表するのはわかりますよ。スポンサーがいて初めて成り立つわけですから、スポンサーとしても視聴率知りたいし。でもNHKとそれら他局とはビジネスモデルそのものが全く異なります。公平公正なテレビ番組を目指しているわけですから、視聴率なんて関係ないと思うんですけどね。だって公平公正であればそれだけでいいんですから。

 

極論を言えば視聴率が0%だったとしても、僕の部屋にテレビ放送を受信できる設備がある限り、僕はNHKに高額な受信料を支払い続けるわけですよ。そしてそれは僕だけでなく、日本全国1億3千万人が同じように払い続けるわけです。本当は、月に一度映画館に行って大画面で迫力のある映画を見てスカーッとした気分になりたくても「あー、今月もNHKに高額な受信料を払わなくちゃならないから映画は我慢しよう」って思いながら払うんです。国民の殆どが必死こいて払っていると僕は思ってます。なので視聴率を争うような番組作りではなくて、公平公正な番組にするべく、視聴率なんて公表しなくて良いんじゃねぇの的に思っているんですけどね。

 

でも、NHKの偉い人は僕みたいなアホンダラが考えていることよりももっと上のことを考えていると思うんですね。なので公平公正で国民のための番組作りに、何かしらの理由で視聴率を公表していくそれなりの根拠があると思ってます。でもそれが一体何なのかは、NHKのみぞ知るってところなんですかね?

 

広瀬すず 2018年 カレンダー 壁掛け B2 CL-177

広瀬すず 2018年 カレンダー 壁掛け B2 CL-177

 
広瀬すず 2018年 カレンダー 卓上 A5 CL-284

広瀬すず 2018年 カレンダー 卓上 A5 CL-284

 
石原さとみ 2018年 カレンダー 壁掛け B2 CL-171

石原さとみ 2018年 カレンダー 壁掛け B2 CL-171