今後TV業界はどんどん伸びて儲かることが確定wwwwwwwwwwwwwwwww

イケスムです。先日NHKに対して高額な受信料金を支払わなくてはならない事が憲法で定められたルールだよ的なことを最高裁判所が結論づけたらしいですが、NHKで働く職員の方は競合他社の全くいない業界なのでもう人生ウハウハ確定ですよね、おめでとうございます。僕は独占企業で働いた経験がないのでどんな感じなのか想像もつきませんが、NHKでリストラとか賃金が下がっているという話を聞いたことがありません。きっと超儲かっているんだとおもいます。うらやまぴー

 

ところでテレビ番組という意味では同じでも、ビジネスモデルがNHKとは全く異なるTV曲もあったりするわけですね。日テレやテレ東なんかもその部類です。一生懸命額に汗して働いているわけでして、なんとか高視聴率を狙っています。だって誰も見ないような番組に対してスポンサーが広告料というお金を出すわけがないからね。やっぱり視聴率という数字が超大切なんですね。ちなみにスポンサーが全国民でありしかもTVを持っているだけで絶対に高額な受信料を支払わなくてはならないビジネスモデルで金儲けをしているNHKも視聴率を公開していますが、あれって誰に対して何のアピールなのか理解に苦しみます。

 

昨今は、インターネットの登場でTVはどんどん廃れていく系の意見が多かったりするわけでして、その理由の一つにTVとネットでは面白さが違うってのがあったりします。たしかに、TVでは言えないようなことをネットでは言えたりと、今の日本のテレビ番組では出来ないようなことをネットでは動画として配信できていたりするわけです。それが面白いからこそ、TVよりもネットの動画に時間を使う人が増えたりしているんでしょう。

 

とは言え、TVだって最初から何でもかんでも「ダメ」って感じではなかったとおもいます。色々なことがあって「これダメだよねー」みたいなことを世間から言われちゃったりなんかりして今に至るんじゃないのかなと。そして今は、ネットでもこれと同じような現象が発生しつつあると思うんですね。「それやっちゃあかんやろ」みたいな意見があったりして。んでこれ系の意見は、以前よりも増えてきちゃっていると思うんですね。もちろん動画に限らず。

 

そうなると、アップロードする人たちは自然と「あ、これ系のネタは以前ボロカスのケッチョンチョンに叩かれていた人がいたな、ヤメとこ」ってなるとおもいます。こんな感じで「できること」が徐々に狭められていって、結局のところTVと同じところで落ち着くんじゃないのかなってのが僕の推測です。なぜならば、テレビを見ている人もネットを見ている人も同じ人間だから。同じようなことでムカついて同じようなことでモンクを垂れるんだとおもいます。であるとすれば、TVに限りなく近づいていくのが落ちだと思うんですね。

 

今回の話は、少しばかり動画というヒマ人が見るためのコンテンツに話が偏っています。なのでその意味ではネットばかりに時間を費やす人の中でも、動画を見ちゃったりするヒマ人の意見が重視されるとおもいます。

 

まぁ僕の勝手な推測です。