iPhoneからAndroidへの意向は加速するという説(脱iPhone)

イケスムです。iPhone8を使ってます。僕はスマホ時代に突入してからずっとiPhoneでして、Androidタブレットぐらいしか使ったことがありません。ソニーWalkmanにもAndroidの機能がついておりますが、不具合だらけでまともに使えるものではないのでもう既に諦めています。修理に出して戻ってきての繰り返しでは、Walkmanが手元にある時間よりも修理に出している時間のほうが遥かに上なのでなんのために買ったのかわからなくなりますし。買って後悔しかなかった家電製品ランキングのトップがこのWalkmanです。

 

ところでiPhoneXが売れているって話とは真逆にそれほど売れてないという話も出ていたりして、いったいどっちなんだろうと思ったりします。ネットで見る限りではiPhone7が売れているよと言った話も出ておりまして、やはり価格の安い方に流れていくというごく当たり前の現象が発生しているのかなと思ったりしています。

 

んで安いと言えばAndroidです。僕はiPhoneしか使ったことがないのでAndroidについて具体的に知っているわけではありませんが、見た目あれだけ未来感半端ないアンドロイド端末がiPhoneなんかよりも安い値段で売られているわけですね。そりゃアンドロイドを選ぶ人が多くて当然だろうなと思ったりします。

 

そして今回ビッグサプライズは、iPhoneXが10万円を超えちゃったことによる分割払いが使えないセグメントの登場です。10万円を超えるといきなり審査が厳しくなるので、iPhoneXが欲しくても買えないわけですね。買うならキャッシュで買うしかありません。1万円札を15枚ほど持っていって買うわけですが、そうなると「え?俺ケータイにコレだけの金を払おうとしてんの?」と目が冷めますww。

 

欲しいiPhoneXは審査が厳しくて買えない、だけどiPhone8はこれまでと同じで何も目新しさを感じないので面白くもなんともない。となれば、未来感半端ないのにiPhoneよりも安いAndroidに目が行くのは、全然不思議ではありませんね。分割で買えるし、iPhoneにはなかった機能までついているし。

 

ずっとiPhoneを使っていたユーザーがAndroidに移行するとそのユーザーは今後も機種変更をする時にAndroidを選ぶ確率が高くなるとおもいます。その理由は様々ですが、基本的にやりたいことはAndroidでもiPhoneでも同じようにできるのでならば安い方がいいに決まってるからです。

 

このようにiPhoneが高額であり続ける以上は、ユーザーは減少していくというのが僕の推測です。近い将来飲み会の席で「え?お前まだiPhone使ってんの?」みたいな感じになるのかもしれません。

 

ちなみにユーザーが減少することとAppleの利益の相関関係については、全く分かりません。超高級スーパーカーを販売しているあの自動車メーカーは、カローラと比較すると全く売れていない部類に入りますが、それでも皆がうらやましがるほどのスーパーカーですし、たぶんメーカーもそれなり潤っているんだろうとおもいます。つまりユーザーが多ければそれだけ良いとは限らないってことですね。