日経平均もしも信用買してたらと考えれば暴落の理由が少し見えてくる?

イケスムです。日本人に一番多いチキンという傾向の脳を持っています。それゆえに信用が嫌借金を恐れます。簡単にいうと貧乏症なだけですが。

 

ところで今日は日経平均株価が千五百円を超える大暴落をしていると、テレビの臨時ニュースに流れました。サーキットブレーカーでも発動すんのかな?と思ったぐらいですが、サーキットブレーカー発動のトリガーがわかりません。

 

んでニュースでも日経平均株価大暴落はかなり大きく取り上げられているようでして、まるでアベノミクスが完全に終了して日銀の黒田総裁が大失敗をしたかのような空気感が漂っております。日銀が6兆円もの大金を投入していたETFも大暴落。ついでの僕たちの年金までもが大暴落。

 

こうなると何とかしてマーケットを落ち着かせようとする人たちが出てくるわけでして、たとえば「日本株に売材料はない」とかね。この「材料」って言葉が超曖昧。なぜならば企業業績が好調であろうがなかろうがそんなことは全く関係がなく、株を買っている人は「儲けるため」に買っているわけです。なので今後下がるかもしれないという不安感は、立派な売り材料となります。だって下がったら儲かるどころか損をするんだから。

 

とは言え、やはり昨年末からずっと順調で、大発会からも思い切り絶好調だった日経平均株価が大暴落をするには、アベノミクス終了説や日銀黒田総裁の失敗説の他にも、何かしら理由があるはず。んでふと思ったのが、「もしも僕がアベノミクスと日銀の黒田総裁を信じて信用取引で信用買いをしていたら・・・」と考えてみました。

 

信用買をしていたら、多分昨日と今日の日経平均大暴落で、だいぶぶっ飛んだ人生に変わっていそうです。信用取引をやったことがないのでそれほど仕組みは知りませんが、多分証拠金とか追証とかで金を工面せざるを得なくなったり、そうでなくともレバレッジを効かせて膨大な含み損を抱えたまま損切りを泣く泣くしていると思います。つまり売りたくないんだけど売らざるを得ない状況になっている可能性が高いんだと思います。

 

こんな感じの人がどれほどいるのかわかりませんが、たくさんいればいるほど今回の暴落はさらなる暴落の引き金になっているのかもしれません。まぁ仮にそうだとして、いつこの暴落が終わるのかということまではわからないけど。ただ、今日の相場陰線ではありますが下ヒゲを残しています。ある程度のところから買われ始めていることを考えれば、流石に「買ってもいいかも」と思い始めた人が早くも出てきていることになりそうです。

 

忍野さら ファースト写真集 『 さらら 』

忍野さら ファースト写真集 『 さらら 』

 

 

 

忍野さら/Body’s [DVD]
 
忍野さら/Re-Born(Blu-ray)

忍野さら/Re-Born(Blu-ray)

 
忍野さら/わがまま [DVD]
 
忍野さら 2018年 カレンダー 壁掛け B2

忍野さら 2018年 カレンダー 壁掛け B2