ティファールの電気ケトルで温度設定ができるやつに買い替えた

f:id:bejiro:20180313221302j:image

イケスムです。ティファール

ティファール 電気ケトル 0.8L アプレシア エージー・プラス コントロール オニキスブラック

ってのを買ってみました。

 

温度設定ができるぜ

これまで使ってたティファール電気ケトルは、電源を入れると100度まで全力でいきます。これが僕にとっては、激アツでした。なもんで水をちょっと入れて使っていたりしてたんですが、この度見事にパチスロですってんてんまで負け、頭がおかしくなったついでにポチりました。

僕は70度ぐらいコーヒーが朝の寝起きにちょうどいい。ずずずーっとちょっとずつ飲むのではなく、結構ガブ飲みができます。最初はコーヒー、2杯目は白湯っていうのかな?普通のお湯を飲んでますが、これも温度は70度。

カップ麺を食べるときは「沸騰」

当然毎回コーヒーだけに使うわけではなく、カップ麺を食べるときにも使います。なもんで沸騰させるまでの全力モードも必要でして、この場合は別のボタンを押すと沸騰するまで全力でいきます。速攻でお湯が沸くので、カップ麺を食べたくなったらまず初めに水を入れてスイッチをポン、その後カップ麺の蓋を開けてかやくを入れて・・・とやっているとお湯が沸いているのでお湯を注いで数分待って・・・って感じです。

ケトルのカラーを黒にした理由

前回は白だったので、なんとなく黒がかっこよく見えたからです。