ロケットニュースのライターに応募するつもりで記事を書いてみるwwwwwwwwwww

ダメ人間の皆さんオハコンバンハ。ライター気取りのイケスムです。普段から暇を持て余しておりまして、暇をつぶせるものがあれば何でも利用しています。その中の一つがYouTube、そしてロケットニュースです。

マジかよ、記事書いて金が入るって神じゃね?

昨日、ぼさーっとネットで暇つぶしをしていると、ロケットニュースでライターを募集しているという記事を発見しました。

この記事を書いた女性が猛烈に美人過ぎてぶっ飛びました。そしてもう一つぶっ飛んだことは、記事を書いてお金がもらえるということです。つまり、僕が書いた記事を買ってもらえるwww なんかすごくね?お前が書いた記事を買ってもらえるなんて発想、お前にあるか?ねぇだろww

たぶんそんな簡単ではないかも

ちょいちょいちょいと書いた記事を数千円で買ってもらえる・・・、なんて言葉にすると簡単に聞こえますが、たぶんそんな簡単ではないし、世の中そんな甘くない。オレオレ詐欺なんて詐欺をするために一生懸命になって電話をしまくって「俺の人生こんなのでいいのか?」と自問自答して気が狂いそうになって、それでもなおオレオレ詐欺を続けていたりするような時代です。さっきだって僕のうちにいたずら電話がかかってきました。おそらくオレオレ詐欺系列の極悪非道な犯罪集団が、超必至こいて電話でだますターゲットに対してアプローチをかけていたんだと思います。それがたまたまうちだった。40代半ばのおっさんが電話に出ちゃったもんだから「あ、老人じゃねぇなこいつ、切っちゃおう」って感じだったんだと思います。

とにかく、今はそんな時代ですよ。そんな時代に、僕がひょいひょいと書いた記事に対して「はい、お前の記事に5千円払うね」なんてことがあるわけないでしょ。仮にあるとしても、そこまでの道のりは狭き門。かなりのダイエットをしないと通れない門だとおもいます。

あきらめた瞬間にすべてが終わる

とは言え、門を通る前に「どうせ通れないから」と諦めてしまうようではダメです。なぜダメなのかというと、諦め癖が付くからです。ライターとしてやってみたいと心がうずいたのであれば、それに挑戦してみるべきです。狭き門をくぐるために、ダイエットをしてみるべきです。もしかしたら通れるかもしれないし、ダメもとで挑戦すれば通れた時にラッキーじゃん。何でもそうですが、諦めた瞬間にすべてが終わります。諦めなければ終わりません。

まとめ

たぶん僕は、応募できない。勇気がないし

 

VCD ころばし屋 貯金箱(ノンスケール PVC製塗装済み完成品)

VCD ころばし屋 貯金箱(ノンスケール PVC製塗装済み完成品)

 

 

 

働きたくないけどお金は欲しい

働きたくないけどお金は欲しい

 

 

 

 

 

深田恭子写真集 AKUA

深田恭子写真集 AKUA

 
深田恭子写真集 Reflection

深田恭子写真集 Reflection

 
深田恭子 写真集 『 Down to earth another 』

深田恭子 写真集 『 Down to earth another 』

 
深田恭子 写真集 『 Down to earth 』

深田恭子 写真集 『 Down to earth 』

 
深田恭子 写真集 『 Blue Moon 』

深田恭子 写真集 『 Blue Moon 』

 
週刊プレイボーイ 2016年 8/1 号 [雑誌]

週刊プレイボーイ 2016年 8/1 号 [雑誌]