ライターになるなんて調子こいてサーセン

イケスムです。先日ロケットニュースがライターを募集しているという記事を発見して、だったら僕もライターになりたいぞと調子こいてしまいました。

 

ikebukuronisumu.hatenablog.com

あれから数日経ちました。この間にロケットニュースの記事をライター目線(偽物だけど)で読み漁ってみたんですが、結論から言うと僕なんかには到底無理だということが判明。調子ぶっこいてサーセンでした。

ネタありき

僕がライターに向かない理由は、ネタを探す能力がゼロだからです。いろいろと考えながらロケットニュースを読んでいると、そもそもネタが面白かった。僕は文章を書くのが好きなので、ロケットニュースのライターさんが書く文章の面白さばかりに目が行ってたのですが、ネタも面白い。あれじゃあ適いません。

そもそも文章を書くのが好きになった理由

僕は、帰国子女だからというわけではありませんが、漢字がスーパー苦手です。小学校時の読書感想文やら作文は、辞書で漢字を調べながら書くといった感じです。その調べる作業が面倒で、文章を書くのが嫌いでした。

しかし時代は変わり、世の中の家庭にパソコンが登場。当時30万円出して買った今ではごみレベルのへっぽこPC(Windows98だったかな?)でタイピングの練習をしまくったんです。あの頃は、タイピングができなければ文字をかけないのと一緒の時代が来るよなんて言われてたんです。なもんで友人からもらったタイピング練習用のソフトを使って一生懸命練習したんです。

すると、ワードを使って好きな文章をすらすらと書けるようになったんです。最初は自分の名前を入力するだけで5分ぐらいかかっていたんですが、ワードの紙一枚分ならほんの数分で文章が書けるようになるまで上達。漢字を抜かしたとしてもペンで書くよりも早い。このときに、ひょっとしたら僕は文章を書くのが好きかもしれないと思い始めました。

ISDNだっけ?

僕がPCを使い始めたころは、電話回線を通して通話料を払ってネットを使っていた時代です。なので使えば使うほど通話料金が発生していました。それがISDNと言ったかな?に変わり、確かこのあたりから無限に使えるようになった記憶があります。

その頃だった記憶が定かではありませんが、今から10年以上前に初めてブログをはじめました。ブログというのかホームページというのかその正式名称は覚えていませんが、とにかく自分が書いた文章を世界中のだれかに読んでもらえるってやつです。

現在

現在は、いくつかのブログをやってます。それぞれに分けてどのような差があるのかについても勉強になったりします。

文章書きたいだけでネタ探しは全く意識していない

「ゲーム専門ブログ」は、そもそもゲームの事しか書かなかったりするんです。なのでネタを探す必要がないんですね。ゲーム日記みたいな。でもはてなは、基本的に何でもあり。タイトルの通りでして、「いつか池袋に住めるようになるまでは続けよう」と。当然池袋に住めた瞬間にやめるんですけどww

池袋に住めるようになるまで続けるって考えだけが先行していて、とにかく文章を書くことだけに集中しております。ネタなんて探したことがありません。そりゃたまたま面白いネタに出くわすこともありますが、やはり基本的には文章を書くことが目的化されちゃってます。

ネタの探し方なんて知らねぇしw

これが最大の問題です。ネタの探し方がわからない。みんなどうやって面白いネタを拾ってくるのか。とりあえず猫と相談します。

 

 

 

深田恭子写真集 Reflection

深田恭子写真集 Reflection

 
深田恭子写真集 AKUA

深田恭子写真集 AKUA

 
深田恭子 写真集 『 Down to earth another 』

深田恭子 写真集 『 Down to earth another 』

 
深田恭子 写真集 『 Down to earth 』

深田恭子 写真集 『 Down to earth 』

 
石原さとみ写真集『encourage』

石原さとみ写真集『encourage』

 
週刊プレイボーイ 2016年 8/1 号 [雑誌]

週刊プレイボーイ 2016年 8/1 号 [雑誌]

 
白石麻衣写真集 パスポート

白石麻衣写真集 パスポート