【ノンフィクション】事実はだれが書いても同じって話し

イケスムです。猫が隣で寝ているだけで志和瀬奈気分になってます。

ところでノンフィクション作家かな?的な人が注目を集めているようです。注目を集めている理由は、その作家がめっちゃ美人だからなんですが、もう一つの理由は、その作家が書いた文章が過去に別の本で書かれていた文相と似ている部分があるからだそうです。

ンで僕が言いたいのは、事実って誰がどう書いても同じになるって事です。例えば、「昨日は、午前中は晴れていて洗濯日和だったが、午後から夕立となり、都内ではところにより雷が発生していた」という事実があったとします。んで昨日の話を同じく都内に住んでいる人に書いてもらったりすると、ほぼほぼみんな同じ表現になると思うんですね。仮に違うところがあるとすれば、洗濯をしなかった人は洗濯日和かどうかを気にしてないからその部分は端折るだろうなって感じなんだと思います。

何年か前に、リケジョがめっちゃブームになった時がありました。なんかものすごい発明があったとかなかったとかって話しがあって、いまだにその真相がつかめていないという話しも出ています。ンであの時猛烈に話題になったのがコピペだったと思います。論文にコピペなんていいの?みたいな。

僕は、化学ってのは自然現象という事実を書くものなので、誰がどう書いても同じになると思うんですね。なんで当時、リケジョがやっていたことのプロセスの中に、他の方も同じようにやっているプロセスがあったとすれば、それはコピペしてもいいと思うんですよ。例えば、「60度まで温めた水を100㏄ビーカーに入れる」というプロセスがあったとして、これを他の人が同じことをやっていれば、僕だってコピペします。だって英語でかかなくちゃならないんだから、そりゃ自分のちんぷんかん分な英文よりもほかの天才が書いた英文のほうが伝わりやすいし、そもそも同じことをやってるんだし、その事実はだれがどう書いても同じ結果になることだし。

ニュースなんてのは典型的でして、例えば経日本代表が試合に負けましたが、どのような流れで負けたのかは、どのサイトを見てもほぼ同じです。なぜなら試合というソースが同じだからですね。日経平均株価なんてのは毎日のようにその値動きがニュースになっておりますが、あれだって誰がどう書いても同じです。寄り付きから徐々に売られて行って後場に入ると売り圧力が高まったが、14時半ぐらいから流れが突然変わり、ある程度持ち直した。まぁどんなに頑張って文章をまねしないようにしたとしても、この程度です。だってソースが日経平均株価の日足という意味では、同じことを伝えようとしているわけだからです。

そんなわけで長々と書いてしまいましたが、何となくだるくなってきたのでここらへんで絞めておきます。おつかれ