日経平均株価が上がってるのに不安材料が

イケスムです。最近は、Macからほとんど離れておりまして、もっぱらWindowsですわ。surfaceproを買う前ではバカにしていたんですけど、実際買ってみるとノーとPC賭して十分使える上にタブレットPCとして漫画を読んだりすることもできるので、今後PCを買うときは、今のところSurfaceProかなと思ったりしているぐらいです。

ところで本日7月25日の日経平均株価は、14時30分現在前日よりも上げています。22500円どころか22600円を超える場面もあり、こりゃひょっとしたら明日も上がるかもしれないなとビビりまして、日経ダブルインバースを引けに手放そうと思います。ンでその代わりといっては何ですが、日経レバレッジを買いました。つまり僕的には、明日の日経平均株価は上がるであろうと予想しています。

とは言え、不安材料もあったりするわけですね。それが出来高だったりします。日経平均先物の分足の出来高を見ていると、どうも買っている時よりも売られている時のほうが出来高が増えている気がするんですね。となると、売り方のほうが多いって事になる。であるとすれば多数決の理論でいえば、なんか下げても全然不思議ではないよねと。

まぁ答えは明日になるまでわからないし、アメリカの動向次第でも変わるし、あとは自分を信じるのみですな。雲を抜けていることが最大の後押しになったかな?