SurfaceProとiPadの大きな違い

イケスムです。surfaceproで書いてます。core m3と言う激安版で、キーボード付きで10万円ぐらいだったかな?surfaceproを選んだ理由は、PCだからです。PCだと理論上何でもできちゃうので。

実はSurfaceProを買う前に激安iPad(約4万円)と悩みました。appleペンシルも別売りではありますが使えるということで、用途が広がると考えたからです。とは言え、僕はブログを書いたりといわゆるコンテンツを作るのが趣味。そうなるとキーボードも必要になってくるんですね。今うちにあるiPadAirではappleペンシルが使えませんし別売りキーボードも買っていません。したがってそのiPadAirでブログを書く気にはなれなかったりします。やはりキーボードは、文章を書く時には必要だと思っています。ただ一つ、iPhoneであればフリック入力でそれなりの側で文字入力ができちゃうので、こちらの場合はその限りではありません。

そうであるとすれば、だったらiPhoneでいいんじゃね?って事になりますが、iPhoneは液晶が小さすぎてネットで漫画を読むことが困難です。やはり液晶サイズが、ある程度大きくないと読めません。そこでSurfaceProの登場です。PCとしても使えるしタブレットとしても使えるので、漫画だって余裕で読めます。Surfaceペンを買えば絵を描くことだって可能だと聞いています。

ンじゃSurfaceProのほうがいいんじゃねぇのって話しになりそうですが、そう簡単な話ではありません。ここが大きな違いだと思うのですが、iPadのほうがSurfaceに比べてサクサクなんですね。SurfaceProは一歩遅い感じです。これは、僕がcore m3と言うへっぽこを使っているから感じることなのかどうかは不明ですが、例えば横画面を縦に切り替える時、iPadであればストレスなくクルっと画面が回りますが、surfaceproは一歩遅れます。なもんでこういった部分にストレスを感じるようであれば、漫画を読む専用デバイスとしてiPadを購入したほうがいいかもしれません。

ちなみに僕は、いくつものデバイスを持ち歩くことはしたくないので、一台ですべてが完結してしまうSurfaceProのほうがイイかもって思ってます。