ハナビの獲得枚数がチェックできないパチンコ屋

イケスムです。趣味はパチスロです。以前、某パチスロライターの動画をみていると、Windowsのエクセルを使ってもろもろのパチスロデータをまとめているシーンがあり、僕もやってみたいけどExcel使えないし…みたいに思ったことがあります。なので最近は、今更感満載ではありますが、Excelの勉強でもしようかなと。一応Excelが全く使えないわけではありませんが、仕事など必要なこと以外ではほぼ100%使っていません。

 

ところでハナビは、ビッグ中にはずれが出ることで有名です。外れる確率が、低設定と高設定とではその分母が大きく異なります。なのでハナビでビッグ中にはずれを引けば、ほぼ高設定じゃね?と疑います。ンで2度以上ハズレを引けば、僕は高設定を確信します。ちなみに高設定と思う題を1日中打ち続けている時は、ほぼ確実にハズレを引いてます。それぐらい頻繁にハズレを引けると思ってます。

 

さて、このハズレですが、前任者がハズレを引いたかどうかを確認できるパチンコ屋と、確認できないパチンコ屋があります。これはハナビを打つうえでとても重要なことです。なぜならば、例えばハナビが全台系(全台高設定)であった場合、他人のはずれを確認できれば自分がハズレを引いてなくても打ち続ける後押しになりますし、そうでなければ他人のハズレはビッグ中をちらちらとみて確認する以外に方法がありません。ちょっと距離の離れている台ならば、確認が不可能だったりするわけです。真後ろで見ていたらなんか失礼だしね。

 

なもんでケータイなどでデータがチェックでき、なおかつ獲得枚数もチェックできるパチンコ屋のほうが断然打ちやすい。しかもパチンコ屋だってそれを客がチェックしていることを知っているので、全台系にしやすいんだと思います。夜になればハナビの島だけ出玉がすごいことになっているうえに、立ち見が出ている状態。つまりアキダイができるのを待っている客がいる。これは、そのすべての客がケータイで獲得枚数をチェックしているから起こる現象だと思っています。設定5であっても、理論上は勝てますから。

 

これまでうちの近所のパチンコ屋では、一つのパチンコ屋しかこのハズレを確認することができなかったんですが、もう一つ別のパチンコ屋もハズレが確認できるようになりました。これは、ハナビに力を入れるよという合図なのかどうかは不明ですが、レバーを叩くことだけしかできない客にとっては好都合です。なぜならば設定を使ってくるパチンコ屋なのかどうかの判別ができるからですね。僕が気付いたのは昨日の事なので、まだデータを活用したことはありません。

ちなみに、今日は8の付く日でして、そのパチンコ屋はイベントです。対抗馬であるもう一つのパチンコ屋は、明日9の付くの日がいわゆる特定日でして、ここでデータを比較することができます。ただ、9の付く日が特定日のパチンコは、これまでも獲得枚数を公開していました。なのでずっとウォッチしてきたんですが、ほとんど使ったことがありません。その意味では、今日の8の付く日は気になるけど、明日の9の付く日はこれまでのパターンからしてイベントであるからこそ設定1って可能性のほうが高いと思います。

 

石原さとみ写真集『encourage』

石原さとみ写真集『encourage』

 
石原さとみ 2018年 カレンダー 壁掛け B2 CL-171

石原さとみ 2018年 カレンダー 壁掛け B2 CL-171

 

 

 

内田理央写真集 だーりおといっしゅうかん。

内田理央写真集 だーりおといっしゅうかん。

 
内田理央写真集 だーりおのいっしゅうかん。

内田理央写真集 だーりおのいっしゅうかん。

 
内田理央 DokkiRIO [DVD]

内田理央 DokkiRIO [DVD]