今後世界中からiPhoneが減っていく可能性について

イケスムです。最近画面のでかくなったiPhoneで遊ぶのが楽しいです。ポケットに入れづらいところが欠点ではありますが、ギリギリのぎりで入るので、まぁいいかなと。

今後ケータイはAndroidが主流になっていく?

まぁ今でもAndroidのほうがIOSと比較して多くの数が出回っているのかもしれませんが、今後はますますAndroidの天下になると予想しています。その理由は、iPhoneが今後どんどん売れなくなっていくと考えているからです。なぜ売れなくなるのかというと、値段が高いからです。一般的に消費者は安い方へと流れます。ほとんどの人が「Androidであろうがiosであろうがどっちも一緒」と思っていると思うんですね。であるとすれば少なからずその層の人たちは、安いAndroidを買うだろうなと。値段がどんどん上がっていくiPhoneは買わないだろうなと。となれば、iPhoneをやめた人たちはAndroidに乗り換えることになるので、相対的にiPhoneの数が減っていくであろうと予想しています。

マイノリティの欠点

WindowsMacを見るとその答えがわかるんですが、ソフトの数が圧倒的に違うんですね。例えばゲームで遊ぼうって思ったらだいたいの人がWindowsを選ぶと思います。ンでなぜWindowsにはソフトがたくさんあるのかというと、Windowsのほうが世界で天下を取っているからでして、要するにコンテンツメーカーからすればマーケットがでかい方が良いよねって話しになります。日本向けに製品を開発するよりも中国向けに製品を開発した方が良いってのと同じ理屈です。

これがマイノリティの欠点なわけでして、こうなってくると「Android用に新しいアプリがたくさん出てきているのに、iPhone版は出ない」みたいな現象が出てくるようになるのかもしれません。

とは言え、iPhoneの値下がりがあるかもしれないって話し

最近appleが「iPhoneが何台売れたかを発表すんのやめたよ」と言い出したそうです。これって要するに、販売台数を公表すると都合が悪いからです。超売れまくっているなら、iPhoneはこんなに人気があるんだぜというアピールになるから公表しまくっちゃうわけですが、その逆の現象です。きっとappleは今後さらに売れなくなることを予想しているのかもしれません。

今回もXRという安いモデルが登場したわけですが、今後はさらなる安さを追求したモデルが登場する可能性があると思っています。それによってユーザー離れを食い止める作戦てやつです。みんなスマホは買うんだけど、高いスマホは嫌だからAndroidに引っ越しをしようと考えている層を食い止めるわけです。一度Androidに行かれてしまったら、なかなか戻ってきませんから。そして食い止め作戦とは別に、何が何でもiPhoneが良いって人のためには、高級なモデルを用意するという二極化が加速する可能性があります。

appleは物販屋さんですから、プロダクトが売れなくては商売あがったりです。長期的な目で見て戦略を立て売り続けていくベストな方法を考えていると思います。当たり前だよね。

 

矢島舞美 写真集 『 瞬き 』

矢島舞美 写真集 『 瞬き 』

 
矢島舞美 写真集 『 PURE EYES 』

矢島舞美 写真集 『 PURE EYES 』

 
矢島舞美 写真集 『 ハタチ 』

矢島舞美 写真集 『 ハタチ 』

 
℃-ute 中島早貴 写真集 『 N20 』

℃-ute 中島早貴 写真集 『 N20 』

 
深田恭子写真集 Reflection

深田恭子写真集 Reflection