嫌われる勇気なんてなくていい理由

イケスムです。

最近頻繁に嫌われる勇気という言葉を見かけます。

人に嫌われたくないと思っている人が多いという事なのでしょうか。

 

結論から言うと、僕は嫌われる勇気なんてなくてもいいと思っています。

なぜなら嫌われる勇気があってもなくても、嫌われたり好かれたりするものだと考えているからです。

人が人を好きになる時って理屈ではありません。

嫌いになるのも理屈ではなかったりします。

確かに、あの人はいつも文句ばかり言ってるから気に入らないとかってのはあったりしますが、ンじゃ文句を言う人全部が嫌いなのかというとそうではなかったりするものです。

たまたまAさんが他人の文句を言う部分だけが目に留まっているからAさんのことは嫌いで、Bさんも他人の文句は言うけど嫌いにならないのはその部分が目に留まらないから。

なんかそんな気がするんですよね。

 

なので人様に嫌われてもいいやとかいやだとか深く考えずに行動して、嫌われたらしょうがない、好かれたらラッキーでいいと思います。

そもそも他人なんて相容れることのできない別な人種なんですから、分かり合える方が不思議です。