アウトプットの練習に飲み会を企画するという話し

イケスムです。結論から言うと、変わった飲み会を企画してみようと思っています。なぜならば飲み会を企画するという行為は、アウトプットであり、変わった飲み会を企画するという事は、ビジネスでいうところの競合と被らない商品を作るレベルの楽しさがあったりすると思ったからです。

 

そんなわけでどんな飲み会にすれば変わった飲み会になるのかと考えてみると、まったくアイディアを出せない自分に気づいちゃいました。ただ一つだけ言えることは、これまでになかったであろう飲み会にしたいという事だけ。

 

1、居酒屋など飲み屋以外で飲み会

2、酒を飲まない飲み会

3、スカイプなどを使って各自自宅で飲み会

 

ンでまぁ僕程度の人間が思いつくことってこれぐらいでした。この三つを順に掘り下げてみましょう。

1の「居酒屋など飲み屋以外で飲み会」ですが、例えばバスを貸し切って飲み会をしたりすること。これは僕の知る限りでは聞いたことがないので面白いかなと。貸し切りであれば多少騒げるのではないかなとも思ったりしています。学生時代の修学旅行の大人版ですね。

 

2の「酒を飲まない飲み会」ですが、酒がない時点でもはや飲み会でもなんでもありません。一応ノンアルコールビールなんかで雰囲気を出す食事会みたいなもののつもりでして、これの利点は全員が来るまで参加できることかなと。

 

3の「スカイプなどを使って各自自宅で飲み会」についてですが、僕はスカイプを10年位前に使っていましたが、10人とかのメンバー全員の顔が映像としてPC映されるのかどうかがわかりません。それと、女の子なんかは部屋が穢かったりそもそも部屋を見られることにストレスを感じる人がいるかもしれないという問題もあります。