IQOS3を買った本当の理由とは?

イケスムです。最近IQOS3を買いました。今まで使っていたのは、IQOS2.4とプルームテックプラスです。IQOS2.4は蓋がぶっ壊れてAmazonで蓋が閉まるケースを買った上にホルダーだけ買い替えたのでまだまだ使えるのですが、IQOS3を買っちゃいました。

 

IQOS3を買った理由は、結論から言うとIQOS2.4よりも加熱温度が低いという噂があったからです。加熱温度が低いという事は、燃焼する温度が低いという事でして、燃焼する温度が低いという事はより一層有害物質が出づらいのかなと勝手に推測。つまり2.4と比較して3のほうが有害物質が少ないんじゃないかと期待しました。なのでIQOS3を買いました。

 

「噂」と書いた理由は、以前ネットの記事で読んだ記憶があるのですがその記事を再度発見することができないので真相が不明だからです。僕の記憶が確かであれば、加熱温度は2.4と比較して低かった。ただし仮にこれが噂ではなく事実であったとしても、有害物質が減っているのかどうかはわかりません。なぜならば僕が勝手にそう思っているからです。

 

とは言え、根拠なく有害物質が減っているであろうという仮説を立てたわけではありません。タバコの葉は、高温で燃焼させることによりタールが発生するとい話を聞いた事があり、であるとすればより加熱温度が低いであろうIQOS3のほうが有害物質が出づらいのではないかと考えました。

 

もちろんこれは僕が勝手に立てた仮設であり、実際フィリップモリスなどにその答えを確認したわけでもありませんので真実は不明ですが。