MacとiPhoneでimovie使って動画編集する際の劇的なたった一つの違い

イケスムです。

動画編集をするために最近はiPhoneで十分論があったりしますが、僕はMacを使って編集をしている部分があります。Macを使う理由は、いわゆるジェットカットがやりたいからです。ジェットカットとは、JETダイスケさんがやっていた動画編集方法で有名になった動画カットアンドペーストでして、僕の知る限り超たくさんの人がこの編集をまねしています。

ンでこのジェットカットをやる際に、音声のメーターみたいなものが出てくると便利なんですね。具体的には、映像と音声を切り離すと音声のメーターみたいなものが出てくる。これを見ると自分が何もしゃべっていない時が一発でわかるので、その部分をホイホイと削除していくだけ。これで店舗のいい動画が完成します。

しかしこれをiPhoneで実行しようとすると同じようにホイホイできません。なぜか音声のメーターが出ないからです。なもんで動画をいったん再生して、話が途切れたところで停止してカットして、今度は話が始まったところでまたかっとして、その間の部分を削除するといった感じになり、これがクソみたいに時間をとってしまいかなりだるいです。

そんなわけで時間を節約するためにジェットカットはMacで行い、動画が完成したらあとはテキストを入れる作業などをiPhoneでおこうという方法をやっています。ちなみに同じ動画編集がWindows10でもできるのかどうかについてですが、僕はMacも含めコンピューター系の詳しい部分はわかりません。