Dステーションで50万円負けていてもD'stationでパチスロを打つたった一つの理由とは?

イケスムです。連日のようにD'stationのパチスロのデータを公開しまくっているわけですが、数字を見れば誰にでも一瞬で分かる通りボロカスに負けています。なぜならばメーカーが公表しているボーナス確率に届いていないからです。最低設定である設定1にすら届いていないと。パチンコ屋は儲かるだろうけど僕は負けているのでたまったものではありません。心が折れます。

とは言え、それでもなおD'stationというパチンコ屋でパチスロを打ちます。なぜならばどの程度のゲーム数でボーナス確率がメーカー公表値である設定1になるのかが見たいからです。

 

僕は昔から実験が好きでして、好きこそものの上手なれというわけではありませんが、幼いころ学校で理科の成績が良かったのを記憶しています。この「実験が好き」というのは、大人になった今でも変わっておらず、いろいろなことを試していたりしておりまして、今回のD'stationでなぜかハナビが下振れしまくっている現象についても解明したいという意思が働いています。

なので今後いくら負けるかわかりませんが、株の調子が良ければそれなりに通えたりするしネタにもなるのでやれる限り流行り続けようかなと。数字はうそをつきませんし誰にでも明確に伝わりますし、ネタとしては最高かなと思っています。